<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 27日
植物の不思議~シダが銅葉に
特に名前もなく(分類上はあると思うけど)、自然に勝手に生息しているシダですが、
今年、なんと本来の緑の葉から銅葉に変身してしまいました!
e0118083_121978.jpg

こちらは変色途中・・・かな。
e0118083_1214732.jpg


例年、普通のシダでしたが、今年は何を間違ったか、どう見ても銅葉…
それも一株ならず3株も・・・・・・


何が原因か わかりませぬ。
まさか原発事故のせいではありますまい(1年半たってるし・・・)
この地まで飛来した放射能は少ない筈・・・・(風評被害は大きいけど)
ならば全部が銅葉になっても不思議じゃないけど、3株しか変身してないし…
植物は不思議です。
これを突然変異と言うのでしょうか…
もしかしたら、どこからか銅葉シダの胞子が飛んできたのかもしれません・・・。

銅葉大好きの私には嬉しい現象ですけど、イマイチ納得いかなくて、
不可思議に疑問沸々、銅葉出現に、ニタニタのワタクシは残暑の厳しい中、
草取りに、没頭したのでありました。

さて、これが最後の合歓の花。終わりかけであまりきれいじゃないけど・
e0118083_1242034.jpg

幹もずいぶん大きくなって、来年が楽しみです。
[PR]

by mamaten | 2012-08-27 01:04 | ガーデニングetc. | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 15日
はづき 八月 露草の
青が 照り返しの中に 一日花の冴えを見せて

はかなげに 命を閉じる夕暮れ時

あすは 送り火の日だと 気が付く


蒸し暑さの中に ふっと心地よい風が吹いたような不思議な感覚


木陰でまだ咲く露草の  葉陰に魂が見えたような気がした

e0118083_3292110.jpg






盂蘭盆も15日。
明日は京都五山の送り火ですね。
まとわりつくような湿った暑い空気を思い出しながら、それでもどこか吹っ切れたような
穏やかな気持ちにさせる左大文字の麓を思い出します。

すべての御霊が安らかでありますように。
[PR]

by mamaten | 2012-08-15 23:54 | 夜のしじまに・・・。 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 06日
たとえば・・・・の話
たとえば、四角がきっちり四角じゃなくたって平行四辺形だって菱形だって角が4つあれば、
四角でいいじゃない。

たとえば丸がコンパスで描いた丸でなくたって、楕円でもなんでも
角がなければいいじゃない。

たとえば、こう、と言われている概念が たまには違ってもいいじゃない。

たとえば、常識、と言われる慣習が少しづつ変わっていくように
四角四面に考えなくたっていいじゃない。

可能性は無限大なのだ。


もはや、お勉強の時代をはるかに過ぎ、自己流に時代を切り開きつつ
生きていかねばならなくなった時、
定義と解釈は自己流を貫いている。

良いか悪いかはさておき、自由な解釈があったっていい。

もはやそんな開き直ったお年頃なのだ。




大げさに書いたけど

夕飯時、頂きものの豚肉の味噌漬けを普通に焼いて調理した。
味噌漬けなので焦げ付きやすい。
いっそ、とんかつにして揚げてみよう、と言ったら

なんでそんなこと考えるかな~。想像して微妙なものは作らないでよ。

と言われ、

無い話じゃないのに・・と反論せずに、黙って聞いた。
それだけのことです。
[PR]

by mamaten | 2012-08-06 01:02 | 夜のしじまに・・・。 | Trackback | Comments(6)
2012年 08月 04日
越後野菜から:十全茄子の含め煮
e0118083_1433811.jpg

写真が下手で、色が飛んでしまっているのが残念ですが・・・・・

少しの油で皮の表面に焼き色を付け、出汁を投入。
麺つゆ、または醤油、みりん、砂糖などで好みの味に整えます。

じっくり、茄子のうまみを味わいたいと思いましたが、姑は昔ながらのコックリした味付けが
最近は好みなので、少し甘めの含め煮に。

元の姿は、盆ザルの中下の茄子です。
e0118083_151573.jpg


地元野菜、ということで、こちらも初対面のお野菜です。
初めての野菜でしたので、調べてみたら、越後地方だけで栽培されている貴重な品種だそう。
巾着型です。イメージとしては賀茂茄子の巾着型。味も似ているかな…
漬物に最高、と書いてありましたが、全部、含め煮にしておいしくいただきました。
こんな贅沢もあります。
[PR]

by mamaten | 2012-08-04 21:38 | 家庭料理 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 04日
越後野菜から:四葉(スーヨー)胡瓜の山椒味噌
e0118083_1211586.jpg

料理といえる程のことはしていませんが、シンプルすぎる食べ方。
胡瓜の元の姿は
e0118083_12338100.jpg

イボとシワが沢山ある長~い大きな胡瓜です
たぶん初めて出会うお野菜です。

もろきゅう、と思いましたが、もろみ味噌がなかったし、あまり好きじゃないので
考えた結果、花山椒の佃煮と味噌をあえてみました。
なかなかいい組み合わせだと自画自賛です。

この胡瓜は初めて。味がギュッと濃いしっかりしたおいしさです。
[PR]

by mamaten | 2012-08-04 00:34 | 家庭料理 | Trackback | Comments(4)
2012年 08月 02日
越後からの野菜箱
温度計の目盛と比例して疲れの多かったこの頃、ブログの御縁で越後の野菜箱をいただきました。
e0118083_103920.jpg


じっくりと箱を開けて丁寧な梱包と説明のメモを読みながら一つ一つ包みを開くと

初めて出会うお野菜や、知っている姿とはあまりに違う素晴らしいお野菜たちに
歓声をあげました。
e0118083_111234.jpg

e0118083_113594.jpg


こんなにたくさんの種類。枝豆は茹でるばかりに枝から外されて。
e0118083_15880.jpg

ミニトマトも綺麗に手厚くケースに納まり
e0118083_163691.jpg

トウモロコシは見事な粒が並び
e0118083_182217.jpg

まるでプロが栽培しかのたよう。いや、すでにプロです。

無農薬でお野菜作りをしていることは知っていましたが、この見事さに言葉も失います。。

素敵な姿のニンニク。
e0118083_1125068.jpg



そして



全部広げて、一つ一つ手に取って眺めていたら、胸が熱くなった。

これだけのお野菜を収穫するまでに

どれほどの時間と 労力と 汗が 大地に沁み込んだ事だろう。
ただ植えただけでは満足な結果が得られないことは十分に分かっているから。


深夜になってしまった時間のうねりに 身動きできないほどの感動と ありがたさと 申し訳なさに

届いたお野菜たちを じっと見つめていました。




ありがたく頂戴します。

どれ一つとも無駄にしないように いただきますね。
[PR]

by mamaten | 2012-08-02 00:24 | 野菜 | Trackback | Comments(6)