2013年 08月 22日
残暑御見舞申し上げます。
立秋を過ぎてもなお暑い日々が続いています。

もうすぐ処暑(二十四節気の一つ。暑さが落ち着く時期の意味で、今年は8月23日。)ですが、日中の猛暑はまだまだ続く気配ですが、皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。
皆様のところへお邪魔するつもりでしたが、なかなか思うようにはいかず、未だどちらへもご無沙汰続きで
申し訳なく思っています。


近況報告なので気分の乗らない方はどうぞスルーしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




介護のために仕事を辞める事は出来ませんので、出来る範囲での介護生活ですが、現在は入院中ですので、体の負担は少ないものの、精神的な疲れは多々あります。
体調が戻り次第、介護施設へお願いすることになります。

高齢者の人口に占める割合が年々高くなっていることは知っていましたが、この現状に際し、
初めて現実の困難さを思い知ることになりました。
近年介護施設が多くなり、私にはその区別もわからないほどでしたが、入所を待つ人がいかに多いか、また自宅での介護が困難な人たちがどれだけ多いか知ることになりました。

介護を必要とし、入所を希望しながら受け入れ先が見つからない場合を考えると、いずれ我が身、
先が心配になります。これから改善されればいいのですが。

被介護人である姑ですが、現在は歩行困難、ほぼ寝たきり状態で痴呆が進んでおります。
が、しかし腕力は強く、しばしばベッドから脱走を試みます。(自宅でもそうでした。)
食欲は一時衰えましたが、すぐに回復。点滴のおかげか、私より顔色も良く艶もいいです。
でも、筋力の衰えが著しく自力でのトイレは出来なくなりました。・・・でも腕力は残ってる。。。。
これが現実です。

記憶力も落ち、私など夫の長女になったり姑の弟の嫁になったり近所の人になったりmamatenさん、という全くの知り合いになったりします。息子である夫でさえ忘れてしまうのですから無理も有りませんが。
壊れていく記憶のかけらと老いの現状を突きつけられる毎日です。
避けては通れない問題ですけど。

その一方、庭の草達も元気一杯ではびこり、この暑さの中、仕事を増やします。
介護に掛かりきりで出来なかった分だけ雑草も植物達も成長してしまいました。
休みの日は暑さと戦いながら少しづつ手入れしています。見ないうちに花が終わっていた子も有りました。
水遣りも満足に出来なかったのでこの猛暑の中、シラカバ・ジャクモンティーが1本枯れました。

アーチに絡むはずだったツルバラたちは暴れ放題に枝が踊ってました。整理して誘引しただけで汗びっしょりになりました。
植物達に私の都合は関係ないですからね(涙)

気分転換したいと思います。いつも心に何か重石がある感じです。
久々の子供達の帰省は嬉しかったし楽しかったのですが、やはりどこかね・・・。

今月末のコンサート、参加できるでしょうか。
手元にチケットありますが、どうでしょう。・・・・・たぶん行けると思います。

ボチボチとボヤキなど書き連ねてしまいました。

皆様、どうぞ暑さに気をつけてお過ごしください。

mamaten  拝
[PR]

by mamaten | 2013-08-22 00:36 | Daily etc. | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://mamaten.exblog.jp/tb/20955918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hanakannzasi-716 at 2013-08-22 13:53
ご無沙汰しております。近くに住む私の父89歳は介護一歩手前状態です。
8月のはじめ頃から食欲がなくなり、マンションの下の郵便受けに行く元気がなくなりました。痩せて骸骨みたいです。
単なる夏ばてなら良いのですが、様子を見つつ、必要ならば何らかの手を打たねばならぬ、と覚悟を決めるこの頃です。
冷蔵庫には何か月も前の食材がカビだらけで入っているし、片付けようとすると(やらないくせに)自分でやるからいい、というし・・・
男性の場合、意志が強すぎたり、腕力があったりと、女性の場合とはまた違った大変さがあるようですね。
お互いに上手に気を晴らしながら、乗り切っていきましょうね。

Commented at 2013-08-25 00:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-25 17:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mamaten at 2013-08-26 17:52
hanakannzasi様、こちらこそご無沙汰しております。

私のところの姑は現在88歳ですので、お父様とは同じ世代ですね。
現在は自分の足で歩けない、という以外は、食欲も気力も体力もほぼ回復し、元気になりましたが痴呆はかなり進みました。

体調が回復し、運よく、本当に運よく老健に入所でき、今はそちらでお世話になっています。

体力の低下も痴呆も割り切れば許せますが、頑固さを通り越した意固地さには手を焼きます。この世代は皆さん、そうなのでしょうか。

hanakannzasiさんもいずれやってくる介護の時には、お願いできることはお願いし、助けていただき、一人で抱え込まないようにして乗り切って欲しいと思います。。

ありがとうございます。


Commented by mamaten at 2013-08-29 17:59
2013-08-25 00:15 の鍵コメ様、いろいろお心遣いいただいて感謝です。

結構、元気にしていますよ。
後で伺いますね。

ありがとうございます。
Commented by mamaten at 2013-08-29 18:03
2013-08-25 17:07 の鍵コメ様、貴重なコメント、ありがとうございます。

このごろ朝夕に涼しさを感じるようになりました。
過ごしやすさも前向きにさせてくれそうです。
後ほどうかがいますね。

ありがとうございます。
Commented at 2013-09-02 22:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mamaten at 2013-09-11 01:10
鍵コメ様、心のこもったコメント、ありがとうございます。
いろいろな形があって、いろいろな人生があって、道徳の教科書に載るような美談は稀なのかもしれません。

生きるって難儀なことですね。思うとおりに自分を通してきた人生の終盤が思うようにいかない現実を理解できずに、切り捨ててきた者に助けを乞う等とは夢にも思っていなかったことでしょう。
それさえ理解していませんから、逆に幸せなのかもしれません。

人生いろいろ 女もいろいろ・・・・・・そんな歌ありましたね・・・・・
えっ?知らない?・・・・・昔、島倉千代子さんの・・・・・・・
世代の差を感じますね~^^


<< ぼちぼち再開・・・・新年のご挨拶      マイガーデンからカサブランカ等... >>