2012年 09月 29日
紫蘇の実漬け
ご無沙汰です。
な~んにもネタらしいものがないので。。。。。。
感性が鈍りまくりで、見つけられないのです。お疲れですか。。。。。
というか、お仕事モードにどっぷりでして、ようやく月末のピークを終えました。

どこへも出かけず、写真も撮れず、会社とスーパーだけの毎日でしたが
こうやって人は迂闊にもあっけなく過ごしてしまうものなんだろう、と(それも大事な事なんですが・・・・)
なんとなく思ったことでした。

e0118083_26286.jpg


今の時期に楽しみにしている紫蘇の実を少しだけ漬けました。
私流は野菜を一緒に混ぜ込む派。
姑は紫蘇の実だけで作っていましたが、私は野菜たっぷりで。
これは実家の祖母と母がよく作っていた漬け方です。


紫蘇の花が終わったら、穂の実をこそぎ、ざっと洗って湯がき水を切り、
胡瓜、にんじん、生姜などを薄切りにして、
醤油、味醂で好みの味に整えて、一晩漬けこめば出来上がりです。

今回は牡蠣醤油を使ってみました。

実家の祖母は、醤油だったり、樽いっぱいに作る味噌に付け込んだり、(いわゆる、たまり漬け)
昔ながらの田舎の味を作ってくれました。

母も同じように引き継いで、娘であるわが姉妹も同じ作り方のようです。(さすがに樽いっぱいのお味噌は作りませんが。。。。)

新米の炊き立てご飯によく合います。

だから

秋って、体重増加なのよね。。。。。。。。
[PR]

by mamaten | 2012-09-29 09:46 | 家庭料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mamaten.exblog.jp/tb/18949215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by goldfrog1103 at 2012-09-30 05:34
紫蘇のみそ漬けね。
醤油漬けでもいいのかな。
今花が咲き終わろうとしています。
香りがいいからどうしようかと思っていたところです。
早速やってみよう!
Commented by mamaten at 2012-10-01 01:13
蛙太郎さん、私は醤油漬けです。
実家の亡き祖母はさらしの袋に紫蘇の実と生姜の薄切りを入れて、大きな樽に付け込んで(正確にはのせて)いたようです。

野菜をたくさん入れるのは母流。
今回は小さな紫蘇の葉も一緒に千切って湯がいて漬け込みました。
プチプチ食感と野菜のパリパリで美味しかったですよ。
Commented by 柳居子 at 2012-10-07 12:33 x
『な~んにもネタらしいものがないので。。。。。。』

生活安定の証し 喜ぶべきことです。
Commented by mamaten at 2012-10-09 17:38
柳居子さん、そうでした。平穏な日々、ありがたいことです。
震災後には、平凡な毎日が何とありがたいことか、と思い知った筈でしたが、ここ最近、忘れておりました。
呑気なことを申してお恥ずかしいです。

コメントありがとうございます。


<< 彼岸花      蕎麦の花 >>