2011年 06月 26日
棟上式
さまざまな理由で、紆余曲折を経、更に震災で延び延びになっていた姉の家の
棟上式がありました。
いわゆる上棟です。

今時は、家を建てる際、棟上式など行うことも殆ど無くなり、田舎のしきたり(習慣)に乗っ取り、
このような行事を行う事もめっきり少なくなりました。

e0118083_1444029.jpg

五色の旗とまき銭、餅まき(餅の他にはお菓子やカップ麺等)、この後一斉にまかれる事になります。
写真を撮っていた私ですが、、足元に飛んできたカップ麺を拾ったことを皮切りに、
カメラは中止、ついに拾う人に変身してしまいました~汗
でも、控えめに、でしたわよ^^

戦利品はこちら。このほかに紅白のお餅も多数。
e0118083_201794.jpg

つい、つい童心に返ってしまいました。~反省。でも、皆さん、同じでしたよ。
私は(拾ったのは)少ない方です。

この先、こんな機会に出会えることは、もう多分無いかもしれません。
合理化、近代化、省略化の名の下に、昔からの習わしが今でさえ珍しい事になってしまった
伝統行事は、この先更に稀有なものとなってしまうかもしれません。

そんな事を思いながらも、無事、姉宅の棟上式は終わりました。
さあて、これから完成までが又長い道のりです。
在来工法。
大工さん、息切れしないで頑張ってくださいね!
[PR]

by mamaten | 2011-06-26 23:51 | Daily etc. | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://mamaten.exblog.jp/tb/15021063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marie_josephe at 2011-06-27 09:38
mamatenさん、お姉さまの上棟式おめでとうございました。
マムは、実家のそれを思い出して、お写真を懐かしく拝見しました。
そうなんですよね、お餅やお米も投げたモノなのですが、
最近は、危ない!と云う事でいろいろ変って来ましたわね。

この邸宅ですと、大工さんの体力が心配!?
だって、これから、真夏の暑さを想像すると心配ですものね。

でも、日々、完成に向かって、様子を変えていく・・・
マムまで楽しみです。
Commented by mamaten at 2011-06-27 18:30
マムさん、ありがとうございます。
現代では珍しい光景になってしまいました。
そうそう、お餅は当ると痛いので、避けていましたよ^^

ご近所以外から参加した人も、集まった子供達共々、初めての体験になったようです。

これからの暑さと冬の寒さと棟梁さんの健康が思いやられます。
棟梁さんは高齢になってきましたので。。。。^^);
来春頃完成するのではないかと思っています。
何かと。。。楽しみです。。。^^
Commented by kinun at 2011-06-27 18:34 x
お姉さまの棟上式、おめでとうございます^^ これから、竣工までワクワクしますね♪
こうやって、旗をかけたり、食べ物をなげたりするんですね。おもしろいですよね。たしか、群馬のほうにもそういう習慣があるってききました。盛り上がりそうですね。
東京の実家も8年ほど前に、新築した際に、夏に棟上式をしたことを思い出しました。私も大工さんにふるまうケータリングの手配など、手伝ったのですが、最初はめんどうだったけど、大工さんや建築士さんとざっくばらんにコミュニケーションができて、やっぱりいい慣わしだなとおもいました。神様も見守ってくれてるような気になってきたし。
夏場、大工さんはつらいけど、楽しみですね!
Commented by green-field-souko at 2011-06-29 06:55
棟上式おめでとうございます。
五色の旗を拝見していると、
ああ、棟上式というものは伝統の神事なんだなあ、と
あらためて思わせられます。
わずかばかりでも民俗にかかわっている身としましては、
カメラとレコーダーを抱えて行きたいですよお!

おりおりの節目をきちんとおやりになる、
mamatenさんのお身内さんは、すばらしいと思います。
完成がまた楽しみですね^^
Commented at 2011-06-29 07:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mamaten at 2011-06-29 18:20
kinunさん、ありがとうございます。
今回、昔ながらの行事でしたが、今は昔ながらに行う事は少なくなっていますから、将来は途絶えてしまうかもしれませんね。
古来から、神事にのっとり、完成までの無事を祈願する事は全国的だったと思います。

大変、面倒、といえばその通りですが、気持ちの問題ですね、きっと。^

う~ん。。。完成までは、これまた一苦労がありそうですよ。
資材の調達や製品の搬入が思いやられます。
Commented by mamaten at 2011-06-29 18:31
草子さん、ありがとうございます。
こんな時、女性は登れないので(こちらだけの決まりでしょうか?)上でどんなことをしているのか、さっぱりわかりませんが、
今回、何と、長男が休みを取って、カメラマンに徹していましたので、詳細がやっと見られそうです^^

所変われば、で、同じ県内でも、棟上の時に鯛を供えるところもあるそうで、頼んでいないのに、仕出し屋さんがオオきな鯛を用意してくれました。「。。。。これ、どーするのよ。。。。」って姉が困り顔で。。。。
もちろん、上に持ち上げましたよ。
これって民俗学的にはどういう分布でしょうね。

完成が待たれます^^
Commented by mamaten at 2011-06-29 18:37
鍵コメさん、同じものとは思えないほどステキスギデスヨ!!
田舎から都会に出て、洗練されたっていう感じ?^^);
ありがとうございます。
なにか、どこかで癒されたなら幸いです。

こちらも蒸し暑い天気が続いています。この先が思いやられますよ~。

Commented by hitatinotono at 2011-06-29 21:25
おめでとうございます。
tonoは現金撒きなら飛んで行くんですが(バキッ。
Commented by mamaten at 2011-06-30 18:35
tonoさん、ありがとうございます。
当日はお餅やお菓子の前にお賽銭も撒きましたよ~。
で、運よく私も1つ拾ったのですが、その後夢中で^^);拾っているうちに失くしてしまいました。。。。。多分、100円玉だと思う。。。。

小銭に逃げられた私です~悲


<< July ジュライ じゅらい。。。。      オリーブが花盛り >>