2009年 08月 22日
海老の唐揚
帰省中の大学生の二男のリクエスト。ボイル海老の唐揚。
e0118083_1491159.jpg

二度揚げして、カリッとさせます。丸ごと全部食べられます。プランターで収穫した万願寺唐辛子の素揚げと一緒に、レモンを掛けて頂きます。
スーパーのボイル海老に片栗粉をまぶして揚げただけ。
以前は鶏唐揚げをリクエストしたけれど、外食で食べ飽きたせいか、今は喜びません。
おかずというよりはツマミですね。揚げる側から食べてました。

昔から食にうるさかった二男。高校の時のお弁当のおかずにも注文をつけたっけ。
まず、冷凍食品は入れないこと。焼肉のたれは使わない事。卵は生協の卵を使う事。肉は赤身を使う事。
時々は我が家流オムライスを作ること。彩りを良くする事・・・etc.
・・・・・・もし、私が二男の嫁だったら、ぶち切れていたかも。
だから、よ~く二男に言い含めておきました。
「奥さんになった人にはわがままを言ってはいけない。作ってくれれば黙って感謝しなさい。」と。
「はい、はい」と言ってたけど、どうかしらね。
二男の高校卒業時に何が一番嬉しかったか、というと、大学合格でもなく、お弁当を作らなくて良くなった事が一番嬉しかった位ですから^^);

いけません、つまらない事を思い出してしまいました。どうぞ、流してくださいませ。
[PR]

by mamaten | 2009-08-22 01:36 | 家庭料理 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://mamaten.exblog.jp/tb/10927156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by green-field-souko at 2009-08-22 05:28
mamatenさん、おはようございます。
お料理じょうずな、mamatenさんちの子どもになりたい!^o^

友人、知人、従弟。毎日のふつうのごはんをつくれない相手と
結婚した、わたしの周りの男性たち、のきなみ離婚に至っています。
話を聞いたときは「そんな馬鹿な。たかがごはんで」と驚いたのですが、
そんなことも原因になるんですねー。
お子さんがお小さいころのmamaten家は、さぞかし、にぎやかで
楽しかったのだろうなー、と想像しました。シアワセの食卓^^
Commented by hitatinotono at 2009-08-22 18:41
mamatenさんの子供になりたい・・・Ⅱ
Commented by kaizu_3 at 2009-08-22 20:26
ご子息さんが帰省しておられましたか、感慨深いものがおありでしょうね。

高校生最後の日、お昼の時間になりまして、娘が友達とお弁当を取り出し、暫くして友達が大泣きしたそうです。入っていた手紙には、
「あなたにお弁当を作るのも今日で最後になったわね、元気に育ってくれて感謝しています」
と書かれていたそうです。
書いた母、読んだ娘、聞かされ話ながら感動しました。
Commented by mamaten at 2009-08-24 01:24
草子さん、本当は簡単な料理しか出来ないんですよ~。お恥ずかしい(汗) どっぷり主婦していた頃に鍛えられたので、何とか今に続いています^^);
今は面倒で手の込んだ料理は作りたくないのが本音かも・・・^^
子供達はそれぞれ好き嫌いがあって、夫の父は食事制限中だったし、夫の姉達も子供連れて年中泊りに来ていたので、結婚当初から家政婦さんか、食堂のオバちゃんみたいに料理ばかり作っていました。とにかく賑やかで騒々しかったですね~。
今は静かよ^^);
Commented by mamaten at 2009-08-24 01:26
tono様、いいですわよ~、こんな料理でよかったら^^。一人、二人増えても驚きませんよ(笑)
Commented by mamaten at 2009-08-24 01:35
kaizuさん、感動的なお話ですね。私はそんな気の利いた事出来ませんでしたが、最後の高校生だから、二男には何かしてあげよう、と密かに思っていました。
でもね、最後の1週間に入って、次の日から「明日からお弁当は要らない」と言われました。理由を聞くと、友達と学校近くのうどん屋や、食堂で食べるから、と。その心は、学校の周りのお店を食べ歩く事にしたから、だそうです。でも、それって、校則違反なんだけどね。
そういうわけで、あっけなく感慨も無くお弁当作りは終わってしまったのです。
二男は全くワケワカリマセン。
Commented by kawagonta_y at 2009-08-25 15:33
こんにちは~!!
アァ・・・美味しそう…。mamatenさんのところはいつも美味しそうです(>_<)b
我が家も兄、姉、私、母の分を、いつも母一人で作ってくれていました。
そしていつの間にやらみんな要らなくなって、母の分だけに。
一度、自分で作ってみたのですが…お弁当ってメンドクサイなぁ…が本音です。そのとき、母の大変さが身に染みました(^_^;)
ほんと、ご苦労様でした。
Commented by mamaten at 2009-08-26 01:22
ゴンさん、美味しそうに見えるだけですよ^^);だって、ただ揚げただけ^^
単純な料理しか出来ませんのよ、汗。

お弁当作りはあれこれ考えて、詰め込むんだけど、結局同じ様な感じの繰り返しでした^^);3人の子供達がそれぞれに好みが違っていたので、面倒だったけど、今になると、よく頑張った! と自分を褒めたくなりますね~^^個性があったなぁ、それぞれ・・・。
自分で作るようになると、母の苦労がわかったりして、感謝しますよね。私もそうでした。でも、注文は付けなかったけどね、我が家の二男みたいに^^);


<< 百日紅・・・咲きました。      ワレモコウ >>