タグ:中 孝介 ( 10 ) タグの人気記事

2012年 03月 24日
春を運ぶもの その1~中 孝介コンサート
e0118083_130179.jpge0118083_1301522.jpg






先日、中君の「キセキノカケラ」ツアー、東京公演に参加してきました。
お久しぶりの生歌で幸せな時を過しました。

新たな出会いもいただきました。こうして、毎日が積み重ねられていく事への
感謝を強くしました。
あれから一年が過ぎ、毎日がまた元のように刻まれていく事に慣れてきた頃、
それでも、どこか晴れない気持ちもありましたが、
中君の唄う姿に、心を打たれました。
ようやく春です。力をありがとう。
皆様とゆらう事が出来て本当に楽しかったです。
Mさん、お世話になりました。ありがとうございます。

春への扉が開いたような気がします。
頑張らなきゃね!
[PR]

by mamaten | 2012-03-24 00:42 | Daily etc. | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 14日
日比谷野音で中 孝介コンサート
e0118083_155490.jpg

e0118083_1552189.jpg

7月10日のコンサートの報告が今になりました。
ブログ更新も滞りがちで完全に乗り遅れてますが^^

昨年に続いての野外コンサート。田舎から上京する身にとっては、お天気が一番の心配でしたが、前日までの雨模様とは一転、晴天に恵まれました。ありがたいことです。

野外での歌声は体の隅々まで響くようで、本当に気持ちいい時間を過せました。
今年もこうして中君の歌声を聴くことが出来たのは本当に嬉しい事です。

今年もツアーグッズ。タオルとピンバッジを購入しました。
昨年のタオルは幅が通常のタオルの半分の大きさだったのでrunの時に首に巻くには最適でしたが(普通、首に巻くか?と言うつっこみは有るかと思いますが^^);)今年のは通常版なので、専ら汗拭き用にします。
ピンバッジはお買い物のマイバッグに早速取り付けました。
スーパーで、マイバッグにこれをつけてお買い物しているオバサマを見かけたら、それは多分、ワタクシです^^
[PR]

by mamaten | 2010-07-14 01:19 | Daily etc. | Trackback | Comments(6)
2009年 05月 31日
明治神宮奉納「祈りの杜コンサート」
e0118083_2211272.jpg

昨日、「中孝介アコースティックコンサート2009~うがみうた」に行ってきました。
明治神宮の中の特設野外ステージでの公演です。ここ数日はお天気が悪かったので心配していましたが、どんよりとくぐもった空模様ではありましたが、雨に降られる事無く楽しむ事が出来ました。
このコンサートは明治神宮の奉納曲を作られた古澤 巌さんが一日目は中 孝介君、2日目は東儀 秀樹さん、鳥山 雄司さんを迎えてのコンサートです。オープニングに奄美のカサリンチュさんが出演して続いて古澤さんのバイオリンで始まりました。
お久しぶりの中君の歌はやはり良いです。いいです、と言ってしまえば簡単ですが、いろんな意味で良いです。ふっと気持ちが軽くなったり、優しくなったり、心の中にすっと入って気持ちをほぐしてくれるような気がします。特に生歌は響いてくるように思います。
吉澤さんのバイオリンとの共演では、中君の声がより瑞々しく重なり合って心地よい音色が届きました。ライトアップされたバックの大木の葉っぱを、こんなに輝いて綺麗だったんだ、と感じ入りながら聞いていました。
中君の屋外でのコンサートは初めてでしたが、神宮の杜が心地よい悠久の音楽で包まれた宵闇の中で楽しい時間を過す事が出来ました。

恒例、購入した孝介グッズ、黒糖生キャラメルと龍郷柄のタオル。
e0118083_22114553.jpg

[PR]

by mamaten | 2009-05-31 22:09 | Daily etc. | Trackback | Comments(8)
2008年 12月 03日
「中 孝介」大島紬地携帯ストラップ
先日、11月30日の中 孝介 絆ツアーファイナル in 中野サンプラザ に行ってきました。
そこで購入したグッズの携帯ストラップ。
e0118083_1204098.jpg


大島紬の生地で、木片には中 孝介の文字が刻印されています。文字が読み辛い、というか、殆ど判読できませんね・・・撮影、失敗です。
これを目にした時は嬉しかった~。紬、大好きですので^^
毎回少しづつ変わるグッズ。携帯ストラップは定番にして欲しい商品です。


本当は感動から先に書きたかったのですが、時間を過ぎてしまい、出遅れた感があるので、グッズから入ってみました。

中君のライブはほぼ半年振り。1年前は国際フォーラムでしたが、その時は私なりに必死で肩が凝るほど緊張していたみたいで、ステージの上の中君を 支えてあげたい! なんて勝手に思いながら聞いていたのを覚えています。
それが今回、そんな思いを抱く事も無く、安心して過せたのは、彼の成長の証だと思いました。

大好きな「春」。初めて聞いた時は涙がこぼれ、恵比寿でもハンカチで顔を覆いながら聞いた曲は、その後毎日のように聴き続け、何事も無く聞けるようになっていたのに、生歌が始まると、ボロボロと伝わる涙。・・・再びハンカチの登場でした。
命の、強い思いが、彼の歌から心の中に響く、そんな不思議な、感動と感謝を抱きつつ、益々大きくなったその姿を追い続けました。

「手紙」では、もう人の声か、楽器か、と聞きまごうほど一体化した中君の声に鳥肌になるほどの感動を覚え、台湾で「まるで楽器のようだ」と賞賛されたのが十二分に納得できるほどの幽玄とした世界を思いました。

本人が苦手だとするMCも奄美言葉で心地よかったです。NHKの「ジャッジ」で奄美言葉に慣れたせいか、全然気になりませんでした。
むしろ、この場で故郷の奄美言葉を使う中君に、一皮向けたような成長の兆しを感じました。
普通に、使っていってくれたら良いな、なんて思います。

歌で元気を貰う、とか、勇気を貰う、なんて、今までにはあまり感じなかった。
「いい歌」「綺麗な歌」はいつでもあったけど、心の中に響いて、突き動かしてくる、この感動は一体何処からくるのだろうか、と、いつも思う。

泣かない、と決めていても、泣かされてしまうほどの感動を唄える歌い手は少ないと思う。
2年前、いつもはTVを見ながらうたた寝をし、慌ててお風呂に入って眠りに就くだけの私が、ある日、妙な響にハッと目も覚まし、聞き入ったCMは郵政公社のそれだった。その声が誰なのかもわからず、何時までも忘れることなく、めったに見ないTVでも、CMソングはなるべく、うたた寝をしないで聴くようになった数ヶ月後、とうとうその声にたどり着いた。それが「薩摩白波」のCMソング、「花」だった。それ以来、中 孝介君の歌声で癒される日々を送る事となった。
そんな事を思いながら、こうして出会えた事に感謝しつつ、私は毎日CDを聴いている。

この感動をありがとう。
自分と照らし合わせながら、同時に成長を感じ、嬉しく思う、そんな時間でした。
魂を揺さぶる、まさに、その通りに成長した中 孝介がいました。それを感じさせてくれたファイナルコンサートでした。

そして、中君の歌に寄せられるように、集った皆さんとお話しすることができ、感動は何倍にもなりました。世代や考えが違っても、中君の歌に共感し、連帯感を持つことができる、ということは幸せなことだと思います。皆さんとの語らいの楽しい時間もあっという間に過ぎてしまい、又是非お会いしたいと心から思いました。
こういう繋がりも暖かくて、しみじみと感じ入ります。

中君のステージにも、お会いできた皆さんにも暖かいものを感じ、元気を分けていただいて、
幸せな時間を過ごせました。ありがとう。
[PR]

by mamaten | 2008-12-03 17:42 | Daily etc. | Trackback | Comments(11)
2008年 03月 20日
恵比寿ガーデンホール・3月19日
国際フォーラムの日からずっと楽しみにしていた中 孝介君の東京公演一日目に参加してきました。

今回ツアーグッズとして以前にも販売されていたエコバッグをゲットしました。


e0118083_23221016.jpg


e0118083_23223667.jpg


e0118083_23232710.jpg


遅れて会場入りし、お近くの席の皆様、ご迷惑をおかけしました。
座席番号がお近い方で、覚えのある方、ご迷惑をおかけして反省しております。
「あ~、あの人だ!」と思った方、お近くに居られた方、今後ご一緒することもあると思いますので、そのときはよろしくお願いしますね。

続きは

More   ここから
[PR]

by mamaten | 2008-03-20 23:42 | Daily etc. | Trackback | Comments(8)
2008年 03月 16日
浅野真澄さんの詞
今日初めて中 孝介君の「春」を終わりまで聞いた。

詞も素晴しいし、中 君の声が更に切なくさせる。

この詞を書いたのは浅野真澄さん。以前にHPにお邪魔してから時々訊ねているが、キラリと光る感性があって将来が楽しみ。

彼女自身もこの件について語っているので、是非訪れて欲しい。

参考までに、
http://masumin.exblog.jp/7444088/

それにしても、いい作品だわ~。
[PR]

by mamaten | 2008-03-16 18:22 | Daily etc. | Trackback | Comments(12)
2008年 02月 25日
眠たい朝の目覚めに中 孝介君の「春」を設定。
この頃、夜遅く、朝がつらいので、いつもの目覚まし時計から、携帯のアラームに、中 孝介君の「春」を設定。
う~ん、新鮮! 目覚まし代わりに、いつもの味気ないアラームから、急に癒しの世界へ。
もっと早くこうすればよかった。少し反省。

夢かうつつかの狭間で、ようやく朝に気が付く。寝ぼけ眼がとたんに一日の始まりを告げられ、苦痛を感じることもなく目覚めを迎える。
今はまだ着歌配信の「春」だけど、フルで一日の始まりを迎えたい。
発売が待ち遠しい限りです。
[PR]

by mamaten | 2008-02-25 01:02 | Daily etc. | Trackback | Comments(4)
2007年 10月 30日
中 孝介 in 国際フォーラム 行って来ました。
10月28日、孝介君の「ユライ花」追加公演 in 国際フォーラムに行ってきました。
かねてから念願だった孝介君の生歌を、やっと聴くことが出来ました。感激!です。

いや~良かったです。「良かった! 感動した!」と、元小泉首相張りのコメントしか、すぐには出てきませんでしたが、やっぱり『良かった!!』 と言うのが素直な感想です。

CDで聴くのとは又違った響きがあります。生演奏はそれ自体素晴らしですが、孝介君の歌声は更に良かった。  じんわりと、それでいて力強く、まっすぐに届いてきました。

今までにJポップや、フォークソング、ジャズにクラシック、果ては劇団「四季」のミュージカル、と
いろいろ会場に足を運びましたが、今回は初体験の感がありました。まるでクラシックのコンサート?と思うくらい、皆さん、静かで。孝介君も「静かですね。皆さん、居るんですかね。」なんて、ボソッと言ったりして。彼のライブはいつもあんな感じで始まるのでしょうか。

ただ、会場の雰囲気から感じられたのは、観客の集中力と真摯な姿勢でしょうか。それで居て暖かく、やさしい。皆、身じろぎもせず、じっと彼の歌が始まるのを、静かに待っていて、感心しました。終盤はそれなりに盛り上がりました。

歌を、孝介君が全身全霊でを歌うなら、聴くほうも全身全霊で受け止めているような、今までには無い、新鮮な感動を味わいました。

彼の歌は、何を歌っても、どんなアレンジに変っても、心の中にスッと入り込んで、まるで魂を揺さぶる如く、聴く者の心を満たしてくれる、そんな風に思いました。

「良かった! 感動した!」 、それ以外、何の言葉で表現するか、思い当たりません。感動の2時間でした。
[PR]

by mamaten | 2007-10-30 16:03 | Daily etc. | Trackback | Comments(6)
2007年 09月 27日
mini sdカードから画像up
久しぶりに画像を取り込んだので、少し載せます。

まずは孝介君の台湾限定版CDのジャケットe0118083_1352684.jpg
孝介君のブログトップと同じ画像なので、チョット嬉しい。「ユライ花」の海外版だけど、「ユライ花」に入っていない曲も入っていて、最近は専ら車でのBGMはこればかりです。









次は今は退陣してしまった首相のお饅頭の箱



e0118083_1393388.jpg
今となっては何故か淋しそう・・・。もう一つ、国会のねじれを題名にした「ねじれ餅」と言うのがあります。似たようなパターンで、ねじり花が描かれています。








そして、先日蒔いたパンジーの画像。


e0118083_141835.jpg


順調に本葉、出てきています。デージーも同じような状態です。この子達を立派に育て上げ、お嫁に出さなくては・・・。















おまけで、初めて料理した空芯菜の炒め物




e0118083_1423522.jpg



シャキシャキ感に嵌っています。今度、オイスターソース買ってきます。スーパーで、インドネシアで空芯菜、食べた人が「オイスターソース炒め、美味しかったよ。ここにも売っているんだなあ、感激!」って言ってるのを、隣で聞いてしまったので、真似てみます。


そんなこんなで、毎日過ごしています。
[PR]

by mamaten | 2007-09-27 01:05 | Daily etc. | Trackback | Comments(10)
2007年 06月 06日
マイ ブーム
今私の心を満たしているものは、中 孝介君の歌の世界。
同じ奄美出身の元 ちとせさんの『わだつみの木』を聞いたとき、全身が震え、気が付くとボロボロと涙が流れてました。その衝撃と同じものを彼から受け、何故か、遠いところに逝った、生まれなかった息子の様な気がしてしまって、それ以来、ずっと孝介君の歌ばっかり聞いています。
 
沖縄の歌も好きだったけど、これほどの衝撃!は受けなかった。、奄美の島歌の匂いのするものは私の心の底に何かを語りかけてくるのかなあ。奄美出身ではないけど。

 孝介君のアジア限定の日本未発売のCD、偶然発見し、手に入れました。『楽天』で「台湾小集」で検索してみてください。トップページにもあります。ここは台湾出身の方が運営しています。今まで何回か購入していたけど、台湾のスターには興味が無かったので、ホームを最後まで見ることは少なく、いつもメルマガで、プーアール茶ばかり、購入していたのですが、ある日、ふと、homeをじっくり見たら、何と、ほしかったあのCDがあるではありませんか!即、注文しました。この現実をあまり知っている人はいないらしく、すぐに届きました。
 
ほしい人がこのブログを目にしたら、お役に立てるかなあ。そうだと良いけど。
[PR]

by mamaten | 2007-06-06 02:18 | Trackback | Comments(0)