カテゴリ:家庭料理( 32 )

2013年 02月 11日
娘の作ったカレードリア
日頃、老年世帯の我が家の献立は、基本和食です。

娘が帰省の際に作るのは、私にはありがたいこんな料理。
e0118083_2535911.jpg


カレードリア。

実はこういう料理が好きなんです・・・・ほほほ^^

レトルトカレーを使ったお手軽で、


う~ん、とても美味しかった♪

ありがとう、娘よ。
[PR]

by mamaten | 2013-02-11 21:50 | 家庭料理 | Trackback | Comments(12)
2012年 09月 29日
紫蘇の実漬け
ご無沙汰です。
な~んにもネタらしいものがないので。。。。。。
感性が鈍りまくりで、見つけられないのです。お疲れですか。。。。。
というか、お仕事モードにどっぷりでして、ようやく月末のピークを終えました。

どこへも出かけず、写真も撮れず、会社とスーパーだけの毎日でしたが
こうやって人は迂闊にもあっけなく過ごしてしまうものなんだろう、と(それも大事な事なんですが・・・・)
なんとなく思ったことでした。

e0118083_26286.jpg


今の時期に楽しみにしている紫蘇の実を少しだけ漬けました。
私流は野菜を一緒に混ぜ込む派。
姑は紫蘇の実だけで作っていましたが、私は野菜たっぷりで。
これは実家の祖母と母がよく作っていた漬け方です。


紫蘇の花が終わったら、穂の実をこそぎ、ざっと洗って湯がき水を切り、
胡瓜、にんじん、生姜などを薄切りにして、
醤油、味醂で好みの味に整えて、一晩漬けこめば出来上がりです。

今回は牡蠣醤油を使ってみました。

実家の祖母は、醤油だったり、樽いっぱいに作る味噌に付け込んだり、(いわゆる、たまり漬け)
昔ながらの田舎の味を作ってくれました。

母も同じように引き継いで、娘であるわが姉妹も同じ作り方のようです。(さすがに樽いっぱいのお味噌は作りませんが。。。。)

新米の炊き立てご飯によく合います。

だから

秋って、体重増加なのよね。。。。。。。。
[PR]

by mamaten | 2012-09-29 09:46 | 家庭料理 | Trackback | Comments(4)
2012年 08月 04日
越後野菜から:十全茄子の含め煮
e0118083_1433811.jpg

写真が下手で、色が飛んでしまっているのが残念ですが・・・・・

少しの油で皮の表面に焼き色を付け、出汁を投入。
麺つゆ、または醤油、みりん、砂糖などで好みの味に整えます。

じっくり、茄子のうまみを味わいたいと思いましたが、姑は昔ながらのコックリした味付けが
最近は好みなので、少し甘めの含め煮に。

元の姿は、盆ザルの中下の茄子です。
e0118083_151573.jpg


地元野菜、ということで、こちらも初対面のお野菜です。
初めての野菜でしたので、調べてみたら、越後地方だけで栽培されている貴重な品種だそう。
巾着型です。イメージとしては賀茂茄子の巾着型。味も似ているかな…
漬物に最高、と書いてありましたが、全部、含め煮にしておいしくいただきました。
こんな贅沢もあります。
[PR]

by mamaten | 2012-08-04 21:38 | 家庭料理 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 04日
越後野菜から:四葉(スーヨー)胡瓜の山椒味噌
e0118083_1211586.jpg

料理といえる程のことはしていませんが、シンプルすぎる食べ方。
胡瓜の元の姿は
e0118083_12338100.jpg

イボとシワが沢山ある長~い大きな胡瓜です
たぶん初めて出会うお野菜です。

もろきゅう、と思いましたが、もろみ味噌がなかったし、あまり好きじゃないので
考えた結果、花山椒の佃煮と味噌をあえてみました。
なかなかいい組み合わせだと自画自賛です。

この胡瓜は初めて。味がギュッと濃いしっかりしたおいしさです。
[PR]

by mamaten | 2012-08-04 00:34 | 家庭料理 | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 16日
秋刀魚の山椒煮
別に珍しくも無いんですけど、最近料理ネタが殆ど無いので^^;。。。。。
焼き魚に飽きると、こんなの食べてます。
e0118083_1543272.jpg

子供達がいた頃は生姜たっぷりで甘辛く煮たりしましたが、壮年、老人世帯の今となっては
薄めの味付けで、今回は山椒たっぷり^^
蒟蒻との炊き合せで、骨ごといただきました。
田舎料理も時にはいつも良し、としましょう。

子供の頃、祖母が大きなお鍋一杯に生姜の厚切りをたっぷり入れて時間を掛けて炊いてくれた
秋刀魚煮が懐かしく思い出されます。今は圧力鍋で簡単に。
昔を懐かしみながら、今年も秋刀魚を飽きずに食べることにします。
[PR]

by mamaten | 2011-10-16 10:51 | 家庭料理 | Trackback | Comments(4)
2010年 09月 30日
夏メニューにありがとう
夏を乗り切って、この夏頻繁に登場したした我が家のメニュー。

たくさん、持て余すほどたくさん頂いたゴーヤはお馴染みチャンプルーが多かったのですが、後半はこればかり。
ゴーヤの佃煮:
e0118083_2384139.jpg

こちらも野菜室を埋める主役でした^^
茄子の味噌炒め:器の選択がイマイチでした^^炒める時、砂糖を振り掛けると油が少なくても充分いためられます。
e0118083_2433674.jpg


調理が面倒なときのお助けメニュー。材料さえあれば簡単です。
バラちらし:寿司飯にはゴマと自家製生姜の甘酢付けをみじん切りにして混ぜ込んであります。時には味付けかんぴょうを混ぜました。
e0118083_2441853.jpg

もっと簡単に、と考えた結果、マグロ漬の海鮮丼という手があったのでこれも登場しました^^。

たくさん実って溢れるミニトマトを美味しく食べたくて:
ミニトマト 「アイコ」のスクランブルエッグ:とろけるチーズを加えるのが定番です。
e0118083_2483745.jpg

醤油たまご:
こちらは簡単。ゆで卵を醤油に一晩漬けただけのもの。暑い夏にはこんな単純なものが美味しかったりします。醤油だけでは塩辛いので、つゆの素や出汁で割ったりしました。
e0118083_2491433.jpg


かくして台風を期に、猛暑の夏がやっと峠を過ぎ、あっという間に秋になりました。
暑さと闘いながら、ようやく夏を乗り切りました。この夏は結構頑張ったつもりです、えへん^^);

これからも献立との格闘は続きます。
[PR]

by mamaten | 2010-09-30 01:09 | 家庭料理 | Trackback | Comments(10)
2010年 09月 22日
松茸ご飯
e0118083_103527.jpg

敬老の日が19日だと思い込んでいて、日曜の夜に実は20日だと判明した為、(気付くのが遅すぎ~)慌てて敬老メニューを・・・・。
大好物のかぼちゃの煮物、だけとは行かないので、考えながらスーパーをうろついていたら松茸発見!!  といってもお安い輸入物。カサは開き気味のB級品だったけど、炊き込みご飯にするなら、たっぷり食べられるだろうと即決^^  そのわりには切り方薄いし^^);まるで椎茸みたいですが、。。。。。
初めて輸入物を買いましたが、まあまあ、香りもあって、それなりに楽しめました。食感はやはり国産の方が・・・・・いえいえ、贅沢は言いません、言わせません。我が家の家計ではそれで充分です、ハイ。
高齢になると物を貰っても嬉しくないようで、美味しい食べ物の方が嬉しいみたいです。食欲あるしな~・・・・・・・・。満足してもらえたようで、目出度し、メデタシ^^);
[PR]

by mamaten | 2010-09-22 00:34 | 家庭料理 | Trackback | Comments(4)
2010年 09月 09日
夏の炒め物
どんどん育つオクラを沢山食べたいたいと、手短に炒め物。
タコとオクラ、パプリカ、ピーマンをオリーブオイルで炒め、塩コショウで味付け。
e0118083_1514758.jpg


お盆に子供達が帰省した時、パプリカを「カラーピーマン」と思わず口にしたら、「何、それ?パプリカじゃ無いの?」と二男に言われた^^);
今時の子供達はパプリカでしょう。・・・・・いつもはパプリカ、と言っていたのに、とっさに出た言葉に時代を、世代を十二分に感じました。・・・・・・。

が、夫と姑の好みでは無いので、こちらは ごぼうと薄切り豚肉の唐辛子炒め。
e0118083_1553595.jpg

甘辛く味付けして一味唐辛子を振りかけて。
唐辛子で炒めたので辛さも効いてます。・・・・・・なので姑の箸は進まなかった^^);

夏の炒め物は調理人だけがやたらと暑い^^・・・・・でも、少しづつ増えて、やがて苦にならない秋になるのでしょうね。
[PR]

by mamaten | 2010-09-09 18:16 | 家庭料理 | Trackback | Comments(6)
2010年 09月 09日
ミニトマト「アイコ」の温サラダ
e0118083_123930.jpg

暑さにも負けず元気に収穫できるのは嬉しいけれど、私一人しか食しないので持て余し気味。
ミニトマトは甘さは充分なのですが、皮が固いのが難点。そこで湯剥きして好みのドレッシングで頂くのがお薦めだけど、この日はイタリアンドレッシング、そのままで温野菜風に作ってみました。

オリーブオイルでみじん切りのニンニクを炒め、香りが立って来た所に湯剥きの「アイコ」を投入。
後は荒引き塩コショウとバルサミコ酢を廻しいれ、味を整えて。

どなたもしていることでしょうけど、バルサミコ酢は煮詰めると結構なお味になって、調味料としても嬉しい味に変化するようです。冷たいドレッシングにはない別の深いコクが出るようです。

ミニトマトの湯剥きは物が小さいので面倒なのですが、沸騰したお湯に勢い良く投入し、冷水にさらして皮を剥いています。こうすると簡単。

でも、今年は購入した苗が1本、去年のこぼれた種から発芽したものが4本。こぼれ種のほうは成長が悪いとは言え、ここへ来てこの暑さで肥料もしないのにぐんぐん成長し、こぼれんばかりの「アイコ」を実らせています。・・・姉からも届くし・・有難い事に・・・・・^^);

この先はバーミックスでみじん切り状態で冷凍し、スクランブルエッグの具になる予定です。
・・・・ミートソースの材料にもします。
[PR]

by mamaten | 2010-09-09 01:03 | 家庭料理 | Trackback | Comments(6)
2010年 05月 21日
ハチク(淡竹)
夕方、実家の母から電話があって、ハチクが採れたから取りにおいでと。
こういう時、実家が近いのはなんとも嬉しい。
e0118083_11353.jpg

丸々と太ったのや、ひょろひょろのが混じっているけど、旬の味覚です。
母が皮を剥いておいた物も一緒に貰ってきました。色が濃いのがそれです。
e0118083_133566.jpg

細いのは薄切りにして味噌汁に、太いのは煮物にします。
ハチクは殆どあくも無く、出汁が出るので、我が家の定番は小女子との炊き合わせ。
スーパーに寄ったら、新物に出会えました。
e0118083_163868.jpg

丁度この季節に新物になるようです。
早速の炊き合わせは
e0118083_172937.jpg

ハチクもさくさくして美味しいけど、以外に小女子が美味しいんです。普段はあまり食べないけど、小女子はこの炊き合せで美味しく食べられます。

梅花うつぎが咲き、ハチクの炊き合わせが食卓にお目見えすると、もう初夏なんだと実感します。
[PR]

by mamaten | 2010-05-21 00:59 | 家庭料理 | Trackback | Comments(2)