カテゴリ:walking and run( 7 )

2013年 01月 20日
今年初のwalking
空は晴れ、青空のもと、陽が伸びてきたとはいえ、まだまだ一月の頼りない短い夕暮れ近い
そんな時間に昨日、今年初めてのwalkingに出かけました。
気温は7℃。陽が沈むと一気に気温が下がり。一時間後には4℃でした。

昨年暮れから週末が殆どつぶれ、やむなく中断していましたが、頬をさす冷たい風に当たりながら、
私に必要なのはこんな時間だったのだと、改めて気付きながら一時間だけ歩いてきました。

久しぶりなので、5km歩いてから1kmだけrunしました。
気持ちいいですね。体を動かすって。
自然の中で変わっていく周りの景色を楽しみつつ、まだ固い桜の蕾を眺めたり、小鳥が逃げ込んだ金木犀の
葉陰をそっと見やったり、楽しい時間でした。



今年は昨年のように寒い日が続いて、いつもならお正月のうちに梅の開花が見られるのですが、
今年もまだ蕾は固いままです。
e0118083_16443942.jpg


今年は梅の開花も遅いようですね。

冬晴れの中、すっかり葉を落とした欅の大木は、枝の美しさを見せ、
こんなにもきっぱりと空に映えています。
e0118083_16464445.jpg

[PR]

by mamaten | 2013-01-20 17:34 | walking and run | Trackback | Comments(2)
2012年 02月 05日
おんがくをききながら・・・・
細々と続けているwalking & run。
1月はお正月早々、初runを開始しましたが、その後ご近所のお葬式のお手伝いや、あまりの厳寒に気持ちがめげ、2週間ぶりに出かけてきました。
お供はEXERMUSICで好みの音楽で。

walking用に選んだsongに懐かしいこの曲入れてみました。
「初恋」~村下孝蔵:


歌唱力抜群で、CD買って聴き込んで大好きだったのに、嘘のように早過ぎるほどに旅立ってしまわれた。
いろんな思いが駆け巡り、胸と瞼をを熱くしながら寒空の下、歩いてきました。

惜しむらくは     思い出すは  懐かしく  せつなくて  

いとおしくもあり   心残りで   

早すぎた旅立ちに   言葉はみつからない

歌を残してくれて   ありがとう
[PR]

by mamaten | 2012-02-05 01:06 | walking and run | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 09日
2011 初ウォーキング&run
土曜日、8日に今年初のウォーキング& runをしました。
年末は休み度に庭掃きに追われ、ウォーキングどころではなかったので、久々に汗をかきました。
目安1時間位を、ウォーキング少々と、ゆっくりrunです。時速にしたら6~8kmくらいのペースで(おそっ!)のんびり、周りの景色を楽しみながら走っています。

運動公園から離れ、川沿いのサイクリングロードを走っていたら、目に飛び込んできたのは鴨?の群れ。川原に遊んでいました。
e0118083_2393651.jpg

写メで撮ったら、ボケました。だから小さく^^);

音を立てないように静かに道端に座り込んで撮ったつもりだったけど、気配を察したか、急に川面に移動してしまった。驚かせてごめんね。

夏の間中、川べりの葦や雑草が生い茂り、うっそうとしていましたが、綺麗に刈り取られた現在は、川面が綺麗に見えます。葦の間に巣を作っていたのかも知れません。
背の高い雑草が取り払われ、姿を見ることが出来ました。春になるまでここで過すのかな。
去年は気がつかなかったけど、今年は発見です。
だからウォーキングは楽しい♪
[PR]

by mamaten | 2011-01-09 02:49 | walking and run | Trackback | Comments(8)
2010年 01月 24日
公園でウォーキング
寒さも戻り、風が冷たい日でしたが、週一の時間が取れる日なので午後の早い時間に公園に出向きウォーキング。疲労骨折から回復して間もないのでウォーキング中心にrunは15分程度。
でも気持ちよくて、ウォーキング5km、run2,5km,ダウンのウォーキングを1km。合計8.5km。少し多すぎたかな。お医者様から「無理は禁物!!」と言われているので、ゆっくりペースでした。
又骨折したら回復に3ヶ月掛かってしまうので、runは少しづつ増やして行こうと思います。

・・・・・・・アスリートみたいな書き方でした^^);
全然違います。下手の横好きです。夫など「何故今になって走るんだ????」と呆れています。
「娘の急なお誘いに付き合うためよ。」と言っておきましたが、公園通いを続けていれば、海外マラソンへも抵抗無く行ける事を目論んでいるわけです。大きい声ではいえません~冷汗

去年と違う事は、走れなくても焦らなくなったことです。以前は走りたくて焦り、オーバーペースになったりしたけど、今は故障しないように走れる体を作ることが大事、とわかったので(当たり前ですね^^)あくまでマイペースです。
でも、ダラダラのウォーキングではリズムがつかめないので一定リズムを保っています。
runを15分から30分、60分へと無理なく続けることが目標です。
    頑張ります。

e0118083_1363533.jpg

これは22日の真昼の月。青空に浮かんだ真昼の月です。
結構目にしますが、良いなぁ、と思って撮ってみました。
金子みすずの詩が浮かびました。CMでも流れてましたね。あれは星、でしたけど。
こういう空も良いものです。
[PR]

by mamaten | 2010-01-24 00:55 | walking and run | Trackback | Comments(6)
2009年 09月 25日
帰ってまいりました。
帰ってまいりました。
再び一週間のご無沙汰でした。
慌しく出かけた旅行でしたが、無事に、本当に無事に帰国しました。(と言うのはワケありでして・・・おいおい綴ります^^)
昨日、24日の夕方遅く帰宅しましたが、留守中、手付かずだった山のような洗濯物や片付けにおわれ、旅の疲れよりも家事の疲れに埋没してしまいました。
1日経った今日は一週間ぶりの仕事モードで時差ぼけ頭が更に混乱しました。
日常生活とはかくも多忙な毎日だったのだと、改めて実感した次第です。
e0118083_2305897.jpg

e0118083_2312698.jpg

マウイ島宿泊先ウェスティン マウイ(THE WESTIN RESORT & SPA)のビーチ沿いから

ご心配をおかけしましたが、ハーフマラソンは制限時間内に完走できました。記録は・・・・聞かないでください 汗^^4時間内、と言う事で、・・・・ビリでは無かったですよ^^
気掛りだった膝の状態は回復せず、スタート時から痛みを抱えての道中で、ゴールまでは辿り着きましたが、その後がひどかったです。アイシングをし続けたので、引きずりながらも歩けるようになりました。この時ほど、ご高齢の方が多用なさる杖、が眩しく、ノドから手が出るほど欲しいと思いました。
レース後、一晩たって、湿布とテーピングと包帯を巻きつけると、げんきんなものでスタコラ歩いていました。ホノルルへ行く、と言うだけで元気が出る浅ましさです。

膝の痛みがあるので、少しの間走るのはお休みです。しばしの休養と治療の後、又練習を再開しようと思っています。

e0118083_236377.jpg

e0118083_237950.jpg

ホノルルの宿泊先、シェラトン ワイキキ ホテル(SHERATON WAIKIKI HOTEL)の海に面したプールで。

ハーフマラソンに至るまでのアレコレをまとめて、下にエントリーしました。
お時間と興味のある方はお訪ねくださいませ。
[PR]

by mamaten | 2009-09-25 23:15 | walking and run | Trackback | Comments(18)
2009年 09月 25日
続:マウイハーフマラソン参加までの備忘録・・その13~その22迄・・完結です。・。
その13 公園でウォーキング
会社帰り、着替えてから公園を歩く。川沿いの堤防にある散歩コースはなぜか中高年が多いし、犬との散歩が多いので、敢えて運動公園内をウォーキング。
一般道に出る3kmコースもあるけれど、夕暮れに歩くには勇気が要るので、ひたすら外周の700mコースをグルグル廻る。目深にかぶった帽子が自信の無さの現われです。
走るたくなる衝動を抑え、ひたすら歩く。無理すると膝を痛めてしまうから、歩く事から続けよう。ここへ来て焦りは禁物です。特に準備不十分の私にとっては。
夕飯が少し遅くなるけど、お許しください。
こんな事になるとは、いえ、そうなる事は予想していたはずなのに・・・・自己嫌悪・・・。

いったいどうする、というのかしらね~。

その14 あれこれ・・・  
歩くといっても、ただゆっくりと歩いている訳ではないので、気持ちは焦る。焦りながらもただ歩く・・・・・。もう~、我慢できない、走りたい!!  衝動を抑えながら、歩いた。明日は絶対走るんだから!

でも、次の日、あっけなく計画倒れ、行動できず。夕飯を食べてから帰る、と言う息子の為に、早々帰宅して、ここの所無かったけど、早い夕飯とする。ああ、親ばか・・・。

その次の日、仕事は待ってくれないけど、私の都合も待ってくれないので、そこそこにして外周道路を歩く。初めはゆっくり。徐々に足早。嗚呼、走りたい、走りたい!!!ひたすら我慢して、ただ、歩く。明日は絶対走ろうッと!

そして、またまた次の日。今日は走ろう、と決めていたので、夕暮れの暗くなりかけた1周700mコースを走り始める。
思いのほか、体が重い。足も重い。右足首に違和感がある。1周目には感じなかったけど、やはり無理がある。昨年の暮に庭掃きで転んだ時、右足首、右膝、右手首に打撲を受け、
最近は日常生活に支障はほとんど無かったけど、走ると、足首が痛んできた。右腰も痛む。
それであっさりと2周走っただけで走るのをやめた。ここで走れなくなっては元も子もない。残りはゆっくり歩いて、今日は終わり。1.4kmで終わってしまう練習。意味無いよね~。
テーピングが不可欠だと実感した。そして、走るたびに揺らぐ脂肪の多さに^^今更の如く愕然とする。わかってはいたけど、昔はこんな感覚、無かったのに・・・。時間は時の経過と共に脂肪と言うお土産を蓄積してくれていた。・・・・・といっても、全て私の日常の結果ですけど。こんな思いするなら、去年のうちにダイエットしておくんだったわ。
今更、遅いです。
e0118083_1295940.jpg

西山荘から~彼岸花  9月16日

More 続きはこちらから その15~その22
[PR]

by mamaten | 2009-09-25 23:14 | walking and run | Trackback
2009年 09月 25日
マウイハーフマラソン参加までの備忘録
挑戦・マウイハーフマラソンについてのあれこれ・・・

お時間が有る方は、根気が要りますが、日記替りの徒然にお付き合い下されば本望です。


1.まず初めに 
何を隠そう、(いや、隠してはいないけど正直に言おう。)私は日頃殆ど歩かない。会社の仕事は経理事務専門でほぼ座ったきりのデスクワーク。家の中とスーパーの買い物くらいしか歩く事は無い。付け加えて、田舎の暮らしゆえ、少しの移動にも車。殆ど歩かない生活をしている。休みの日はガーデニング、と言えば聞こえは良いが草取りに追われて草むしり。たまに外出、もちろん車。
そんな私が大胆不敵にもハーフマラソンにエントリーする事になった。というか、自分で選んだのだけれど。

事の次第は娘がマウイフルマラソンに出るからだ。
3年前に娘が友人とホノルルマラソンに参加する予定でいた時、友人が急に行けなくなった。娘は一人でも行く、と言ったが、夫は同行者がいないとダメ、と言い張ったので頑張って探したが見つからず、付添い人として私が急遽同行する事となった。付添い人だから、別に応援だけでも良かったが、折角参加するからには私だって何かしたい。
そこで調べたら、10kmウォーキングというのがあったので、それに参加する事にした。
日常の行動が先にも書いたように殆ど歩かない生活だったにも拘らず、無謀、と言う夫の意見も無視して参加。見事完歩。4時間くらいかかるか、と思っていたが、2時間弱でゴールしてしまった。実はこれが物足りなかったのだ。達成感が無い、と言うか、中途半端というか、不完全燃焼だった。昔の体育系のDNAが目を覚ましてしまったよう。
そして、一昨年、同じ状況になり、同行者を探した結果、二男が参加した。が、二男は全くの傍観者。お気楽に観光を楽しんで、走る事には参加しなかった。実は早朝スタートだったので寝ていたし、ゴールの時には迎えもせず、(本人は一応応援に行ったけど、いつゴールするかわからないので、サッサと引き上げたそうな・・・・^^)ホテルライフを満喫していたと言う。USA本土からの老夫婦とバスケットの話で盛り上がって居たそうだ・・・・。果して会話になっていたのか、怪しいが・・・。
実はこの時も密かに期待していたけれど、仕事を外せない多忙な時期だったので、任せる事ができない案件が目白押しだった。で、お気楽大学生の二男が同行した。

いつかはあのホノルルの不完全燃焼の思いをリベンジしたい、と思っていたところへ、今年またしても娘のマウイマラソンへの参加。娘なりに参加する友人を探したけど、社会人になると休みも中々合わず、費用も結構かかるので、またしても見つからなかった。夫に、一人でも行きたい、と言ったら、案の定一人はダメ、と言われ、前回同様、弟を誘ったが、大学が始まっているから今回は無理、と冷たく断られ、私に救いの手を求めてきた。

一応、検討する、と娘には伝え、夫に了解を求め、やがて、同行が決まった。
と、言う事は参加! !
フル、などと大それた事は言わない、ハーフ、それだって無謀な冒険ではある。
が、しかし、娘には棄権はいつでも出来るから、ハーフでエントリーする、と宣言した。

でも、困った!何故なら、冒頭に書いたような生活にどっぷりの毎日なのだ。ホノルルの10kウォーキングとは違って、距離は倍以上、制限時間だってある。これは現実的に困難な課題だ。でも、やってみなければわからない。

それを認識して、準備を始めたのは4月初旬。9月20日のその日にいかにして間に合わせるか、大変な宿題を自らに課してしまったわけである。

e0118083_1465179.jpg

光圀公御隠居の地、西山荘のご老公お田植えの田んぼの稲です。9月16日撮影

More  続きはこちら~:その2~その12迄
[PR]

by mamaten | 2009-09-25 23:13 | walking and run | Trackback