2010年 05月 31日
ハナイカダ(花筏)
花筏
e0118083_152178.jpg

e0118083_1524676.jpg

ようやく咲きました。
葉っぱの中央に極小さな花を付ける変った植物です。
雄雌の区別がある植物で、1本づつ植えて有ります。右が雌株です。
e0118083_155196.jpg

太古の昔から、さまざまなものが進化を遂げたとは言え、今の時代にも植物には不思議な世界が存在するようです。雄雌株があるのは銀杏くらいだと思っていた自分がいかに浅学だった事か。
不思議なこの植物は、今も尚、自らの力で花を咲かせました。

さて、今年は天候不順のせいか、折角実が付いたプルーンもハスカップも驚くほど実を落とし、数少なくなりました。ハスカップにいたっては以前は房成りに実を付けていた物が1つか2つ程で、寂しいものです。実を付けても落ちてしまう、とは野菜も同じ様です。
今年は野菜も果物も不作かもしれません。

そのような状況で、実山椒を見に行くと、こちらはいつものような感じです。
収穫してみなければわかりませんが、今の所それなりに実は付いています。
e0118083_27549.jpg

来月の収穫はどんな感じかな・・・・・。
[PR]

by mamaten | 2010-05-31 01:07 | ガーデニングetc. | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://mamaten.exblog.jp/tb/12727187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 常陸のT's BLOG at 2010-06-04 21:49
タイトル : 葉上のバレリーナ  花筏
EOS 50D TAMRON SP AF180 F3.5Di LD ISO1600 にほんブログ村 2、 3、 4、 5、 6、E-P1 日立市 御岩神社 2010年5月15日 撮影... more
Commented by kaizu_3 at 2010-05-31 22:45
えっ?
こういう咲き方するのですか!初めて見ましたが、変わっていますね(^^)驚きました。
ハナイカダとは、良く言ったものです。
Commented by mamaten at 2010-06-02 18:01
kaizuさん、本当に変わった植物ですよね。
どんな理由でこんな咲き方をするようになったのか想像出来ませんが、面白い生態系だと思います。
見ての通り、極小さな花なのでうっかり見過ごしてしまいそうです。
花の名前もgoodですね^^


<< 庭の様子・・・  バラアーチの裏庭      風薫る5月 新緑の軽井沢へ >>